旅行を申し込む手段には大きく分けて2つあります。個人手配といって全て自分で申し込む場合と旅行会社が発売するパッケージツアーを申し込む場合です。この記事ではそれぞれの申し込み方法やメリット・注意点について説明していきます。

個人手配の場合

個人手配ならば全て自分でやらなければなりません。これはとても大変なことであるように感じてしまいますね。申し込み方法はとても複雑であることがあるので注意しましょう。しかし、全て自分でやるからこそのメリットもあります。

個人手配の申し込み方法

沖縄旅行を個人手配するときには、まず旅行に最低限必要な宿泊先と移動手段の予約を取ることが大切です。宿泊先については沖縄の宿泊施設情報を調べて、直接電話やメールなどで連絡して予約することもできます。…

個人手配のメリット

沖縄旅行を個人手配する場合には、ツアーに申し込むよりも少し手間が掛かりますが、旅行の計画を自分で立てられるという大きなメリットがあります。また、馴染みのホテルやレストランなどの予約も自由に行うこと…

沖縄旅行は閑散期がおすすめ

沖縄旅行は多くの旅行者が利用する繁忙期ではなく、利用者が少なくなる閑散期が特におすすめであり、破格値で行けるツアーも存在しています。

パッケージツアーの場合

パッケージツアーの申し込み方法

パッケージツアーのメリット

パッケージツアーの注意点

個人手配の注意点

交通手配時の注意点は?

沖縄旅行で個人手配で旅をする場合、現地についてからの行動プランにばかり目が行きがちですが、航空券の手配など交通手段もしっかり手配しましょう。宿泊施設がとれてから飛行機の予約をとろうとしたら、込んでいて高価な座席しか空いていなかったということもあります。航空券と宿泊施設をセットで考え予約することを忘れないようにしましょう。 そして、現地での移動手段も計算に入れておく必要があります。那覇の繁華街近くの場合は、空港からモノレールを使って移動できますが、かなり距離があるところの宿泊施設を予約したならば、レンタカーなどの手配が必要です。レンタカーも当日手配だと手続きに時間がかかったり、料金も高額になってしまいます。旅のプランが決まったらレンタカーの予約も忘れずにしておきましょう。 交通手段の予約にも早割などのサービスがあるので、お得に旅を楽しみたい方は早め早めの調整をおすすめします。

宿泊施設での食事も確認しておこう

例えば旅行会社が企画するツアーの場合、パンフレットに朝食付きプランや夕食朝食2食付きプランといった説明が表示されていますよね。旅を楽しむためにはしっかり食べることも大切です。個人で宿泊施設を予約する際には、食事についても考えておきましょう。 ホテルビュッフェを利用して夜も朝もたくさん食べたい方は、宿泊施設を予約する際に食事の予約も忘れないようにしましょう。夜は民謡居酒屋や地元の食堂で楽しみ、朝だけ宿泊施設の食事処を利用することもできます。節約したい場合には、食事なしというプランもつくれるでしょう。地元スーパーでお弁当を購入するのも面白い旅になりますよ。旅先で色んな飲食店に立ち寄りたい方は、宿泊施設での朝食は軽く済ませ、外食をめいっぱい楽しむ方法もあります。